株式会社スヴェンソン(SVENSON) 採用コンテンツ

  • twitter

女性の働き方

常にお客様の立場に立って、
期待以上のサービスをご提供したい。

新宿サロン 店長 K.T

K.Tレディス事業部
新宿サロン 店長

1日のスケジュール

9:30
出社
10:00
営業開始
自毛のカット、ウィッグのメンテナンスなどお客様対応
13:00
休憩
14:00
午後勤務開始
お客様対応、新人スタッフへの技術指導
売上集計、メール対応等


19:00
退社

ウィッグは、がん患者様の希望となる。

「ここなら、安心して定年まで働けそう」。そう思ったことが、スヴェンソンへの入社の決め手になりました。もともと美容師をしていたのですが、スヴェンソンは社会保険完備で週休2日制。プライベートも充実させられるし、長く安心して勤められるかなと思ったんですよね。実際、連休を利用して、旅行に行けるようになりました。仕事では店長として、お客様対応に加えて日々の売上管理やスタッフの教育などもしています。これまでで一番印象に残っているお仕事は、抗がん剤治療を始める前で、かなり落ち込まれていたお客様にウィッグを着けて差し上げたところ、「こんなに自然にできるとは思わなかった。これがあれば、今まで通りの生活ができる」と泣いて喜んでいただけたこと。もともとロングの巻き髪の方だったので、脱毛することがとても怖かったそう。お力になれて良かったです。

新宿サロン 店長 K.T

数字が苦手だった自分に変化が

お客様が求めていること以上のことをして差し上げられるように、常にお客様の立場になって考えることを大切にしています。新しいヘアスタイルの提案が、結果として満足度に繋がり、目標達成にも繋がります。今でこそ店長として売上管理などをしていますが、美容師だった私はデスクワークや数字が苦手でした。でも、チームとして目標を追いかける中で、少しずつ克服することができています。とはいえ、まだ店長になって1年目。最低限の売上管理やスタッフ育成などで手一杯になってしまっています。もっとサロンにとってプラスになることをしていきたい。何が必要なのかは手探り状態ですので、まずはそこを明確にすることから始めたいです。今は他のサロンの店長にアドバイスを頂く事もあるので、今後は自分がアドバイスできる立場になれるよう努めたいと思います。

新宿サロン 店長 K.T

先輩ママに助けられた分、
後輩のロールモデルになりたい。

総務部広報担当 K.A

K.A総務部 広報担当

1日のスケジュール

7:30
家を出て保育園へ向かう。
7:40
保育園着。子どもを預ける。
9:00
出社 メディアへの事業紹介、情報発信など
13:00
休憩
14:00
午後勤務開始 取材調整、取材対応など
16:00
退社(時短勤務で2時間前倒し)
17:00
保育園着。子どものお迎え。

女性が沢山活躍している職場

前職ではBtoBの営業をしていたのですが、消費者に広告販促ツールを活用してアプローチすることに興味があり、その分野に携われる会社への転職を希望していました。また、いずれ出産と育児をしながら働くことを想定し、生活環境が変わっても自分のスキルを活かしながら働けるかどうかということも重視していました。その点、スヴェンソンなら販促のキャリアを積み上げることができ、今後働き方が変わったとしても汎用性が高いと考え、入社を決めました。また、当時の採用担当者や上司から、「女性がたくさん活躍している職場」だと聞いていたことも決め手になりました。現在の主な仕事は、広報担当としてのメディアへの情報発信や事業紹介、取材対応など。取材対象となる場所や社員を調整し、取材当日から掲載に至るまで、記者の記事執筆やメディアの撮影などをサポートしています。また、インナーコミュニケーションの一環として、社内報の企画・制作も担当しており、全社配布までの業務を、社内の多くの方と関わりながら進行しています。メディアの掲載に繋がったり、社内報を見た社員から「所属以外の事業を詳しく知ることができた」、「職場の人の知らない一面を知れた」などの感想をもらったときは、やりがいを感じます。

総務部広報担当 K.A

子育てに理解のある職場に胸がいっぱいになる

スヴェンソンでは昨今、出産・育児・介護に関する制度改定も進み、個人の価値観や事情に合わせて最適な働き方を選択できる環境が整いつつあります。私も産休と育休、そして時短勤務の制度を活用させてもらいました。現在2歳の子供がいるのですが、幼児の間は一緒に過ごす時間を大切にしたいと思い、2時間の時短勤務にしてもらっています。そのおかげで平日も子供と向き合う時間を確保することができ、日々の成長を見守ることができています。制度を利用することへの社内の理解も深まっていると感じます。先輩ママも沢山いるため、よく情報交換もします。子供の成長と共に、キャリアや時短・フルタイム勤務形態、学童など、働き方の悩みも変わってくると思います。これからも職場での先輩ママの意見を参考にしながら、仕事と子育ての両立をしていきたいと思っています。また、先輩ママに助けられた分、私も後輩のローモデルとなれる存在になれたらと考えています。

総務部広報担当 K.A

RECOMMEND