TOPICSトピックス

トピックス

ニュースがん患者さんの『心と生活の不安』にお応えするフリーペーパー Massel(マッセル) 2018春夏号発刊

2018年4月27日

がん患者さんの『心と生活の不安』にお応えするフリーペーパー

Massel(マッセル) 2018春夏号発刊

医療者が教える足ケア&足トレ&抗がん剤による足の副作用対策

 

ヘアケアメーカーの株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役社長 兒玉義則)は、がん患者さんのためのコミュニティマガジン「Massel(マッセル)」 2018年春夏号を発刊しました。2018年4月以降順次、全国の医療機関の待合室や化学療法室、一部公共図書館、当社医療用ウィッグを展開する全国43店舗に設置し、無償で配布します。

スヴェンソンでは、医療用ウィッグの販売を通じ、多くのがん患者さんと接する中で、様々な「治療に対する不安や悩み」を伺ってまいりました。
抗がん剤治療に伴う脱毛をはじめ、肌色のくすみなどの外見変化、食生活への関心など、さまざまなお悩みに直面する患者さんをサポートし、寄り添いたいという思いから、2014年より生活情報誌「Massel(マッセル)」を制作、年に2回無償で配布しています。
2018年春夏号では、お出かけが楽しくなる季節にあわせて、抗がん剤副作用による足のトラブル対策と靴の選び方や履き方、毎日の簡単ケア、疲れを癒す足のトレーニングの方法を紹介しています。

 

【『Massel(マッセル)』 2018春夏号 トピックス】
・医療者が教える足ケア&足トレ&抗がん剤による足の副作用対策
・大人気企画!治療中、どう過ごしている?患者さん一日密着取材
・副作用があっても無理なくおいしく栄養を摂る。医療機関監修のレシピ
・お悩み別の帽子の選び方&人気ランキング
・ベストセラー作家 ねこまき(ミューズワーク/KADOKAWA)による「ねことじいちゃん」特別編

<参考資料>
【スヴェンソンのがん患者さんへの取り組みについて】
当社は医療用ウィッグを販売する企業ですが、ウィッグを通じて患者さんやご家族の不安・悩みを知ることで、治療で必要となる様々なモノ・コトの提供に取り組んできました。

●モノの提供
乳がん患者さん向けの水着や下着、副作用をカバーする外見ケアアイテム等、患者さんが治療中の生活で必要とされる商品をトータルに集めた通販事業「PreSta(プレスタ)」を世の中に先駆けて展開。通信販売や店舗販売を展開しております。また、全国の病院にカタログを設置し、多くの患者さんがパンフレットをお手に取っていただけるように活動しております。

●情報の提供
患者さんの生活に役立つ情報を集めた無料の情報誌「Massel(マッセル)」を2014年より全国の病院内に配布。2017年11月よりWEB版も開設しました。
医療従事者向けには、育毛理論や毛髪に関する高度な知識を備えた毛髪技能士の資格を持つ当社スタッフが、病院内の相談会や勉強会などで「脱毛・頭皮ケア」の情報提供を定期的に開催しております。
・ Massel WEB URL(https://ladys.svenson.co.jp/massel/
 

●治療中のケア体験セミナーを開催
顔色を明るくみせるメイク、ネイル、リンパ浮腫緩和マッサージなど、各種専門の講師による治療中に役立つ無料のセミナーを店舗で開催しております。患者さんだけではなく、患者さんに指導される看護師の方にもご参加いただいております。  

●“心のケア”についての取り組み
がんを宣告され、患者さんやご家族が抱える不安・悩みを解消したいという思いのもと、一般社団法人がん哲学外来が展開する「がん哲学外来 メディカル・カフェ」の活動に賛同し、店舗スペースを開放して開催。
当社の顧客だけでなく、地域の患者さん・ご家族・医療従事者が集い、対話によって不安・悩みを解消しています。現在は全国店舗18箇所で開催しております。

 

【本件に関する報道関係者お問い合わせ先】
㈱スヴェンソン 広報担当
TEL:03-3586-0016

一覧に戻る

PAGE TOP